ロマンス小説って面白い!


大好きなHQやロマンス小説の感想を主に書いていきます~☆

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

   OLD »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カーラ・ケリー*放蕩貴族を更生させるには

03256304_1.jpg


ネットでの評判がなかなか高いので、一度読んでみようと
思っていた作家さんでした。
そして、ちょっと前に古本屋で「ふたたび、恋が訪れて」
があったので買って読んだんですが、なるほど、人気が
あるのも分るなぁ~・・・でもちょっと登場人物全てが
イイ人過ぎて、私にはちょっと物足りない・・・というのが
正直な感想でした。
他の作品もまた古本屋で見つけたら読んでもみたい・・・と
思っていたら、今回のこの作品を古本屋で見つけたので
買って読みました。
それが、読み始めたら、止められなくなって、次の日、仕事だというのに
夜中の4時前まで読んでしまいました(笑)
最後の10数ページは寝なくちゃ明日(いや、今日)が辛い・・・でも
気になって寝れない・・・という状態で(笑)
久しぶりに、読み終わってからも物語の余韻に浸れる作品に
出会えたなぁ~と思いました。

現実で見つけるのは難しい、男女の理想的な結び付きを
読めることもロマンス小説の素晴らしい処だと思うんですが
この作品はまさしく、そんなことをまた改めて味あわせてもらえた
作品でした。

本の内容はまさしく、題名そのもの、だらしない生活を送っている
侯爵のヒーローがヒロインとの関わりの中で更生し、最後には理想の
男性に生まれ変わる姿が描かれています。
最初の頃のヒーローの描写は余りにだらしなさ過ぎるくらいなんですが、
そんな自堕落な生活を送るヒーローの中に、本当は素晴らしい生来の
資質が隠されている。
ヒロインと出会い、同じ屋敷で暮らすことで彼女の心の強さと気高さを
知っていくにつれて、ヒーロー自身も遥か以前に失くしていた気高い心を
取り戻していくんですよね。

この作品のヒロインは私もこんなに精神的に強くなれたらなぁ・・・と
読んでいて何度も思ったくらいに、芯が強くブレなくて自分というものを
しっかりと持っているヒロインなんですよね~。このヒロインのキャラ
なくして、この作品がこんなに心に訴えてくることななかったと
思います。

ヒーローは本人は意識していない最初から、ヒロインに惹かれているん
ですが、そこもうがった読み方をすると、ヒーローの心の中にある
善なるものが、直感的にこの人物が自分には必要なんだと知らせて
いたのでは・・・(笑)なんてことを思ってしまったりしました。
それくらいに、ヒーローにとってはヒロインはまさしく魂の片割れ的な
存在なんですよね~。
ヒーローの立場的な視点ばかりで書きましたが、ヒロインにとっても
ヒーローは頼りたい時に常に助けの手をそっと差し出してくれる
存在なんですよね。
そして、これくらい理想的な終わり方はない!というくらいの
理想的なヒーローとなってヒロインの前に現れて大団円での
ラストシーン。
幸せな気持ちになれました~。

実はこの作品が余りに良かったので、すぐに本屋で3作目を買って
読んだんですが、これがどうも私的にはピンとこなかったのが
残念でしたーーー。
来月に新刊が発売されるとのことなので、本屋さんではまずは
立ち読みしてみようかな・・・(笑)とも思っています。

スポンサーサイト

ヴィクトリア・ホルト*琥珀色の瞳の家庭教師

25772311_1.jpg


発売を楽しみにしていました。
買ってすぐに読み始めて、一気に読み終わり
ました。
感想を書くのがちょっと遅くなりましたが・・・。

この作家さんの作品はには何だか中毒性があり
ますね~(笑)。
読み終わると、すぐに次の作品が読みたくなって
きます。今回の作品は作家さんがホルト名義で書いた初作品
だとのこと。

読んで感じたのが、先日感想を書いたばかりの
「愛の輪舞」にキャラクターと物語の雰囲気が
似ている・・というものでした。
ヒロインの率直で物怖じしなくて、包容力のある
姉御肌的な(笑)性格は、「愛の・・・」のヒロインと
とっても似通ったものがあって、こういうタイプが
好きな私としては、読んでいて楽しかったです。

ヒーローとなる人物のキャラも「愛の・・・」の山猫の
キャラクターのひな型のような感じを受けました。
やはり、この作品が初作品だということなので
これがホルト作品の原点なのかなぁ~と感じましたね~。
そんな意味でも興味深く読めました。

古い屋敷の覗き穴というのは、ちょくちょくロマンス本を
読んでいても出てくるシュチュエーションですが(私的には
ロマンス物の覗き穴=エロチックな状況と自動変換して
いましたが・・・(笑))
ゴシックミステリー作品らしく、この作品ではその覗き穴が
不気味さを醸し出すとっても効果的な一因として描かれて
いました。
覗き穴って色々な処に作っていたんだなぁ~と読んでいて
勉強にもなりましたね~。

あと、コンウォール地方の詳しい描写も読んでいて
一度は行ってみたいなぁ~とまた改めて思いました!
昔アン・メイザーの「コンウォールの春」を読んで以来
私の頭の中では行ってみたいイギリスの地方の1-2番
なんですよねーー。
最近では大好きなソーントンの「潮騒の城に・・・」の
舞台にもなっていて。

この方の作品は読んでいて、新しい物を発見させてくれる
読書の楽しさが味わえるなぁ~と改めて思いました。
鋭く奥深い視点から描かれる、登場人物達が織りなす人間
模様は言わずもがな・・・。
また、早く次回作の発売を待っています!

リサ・クレイパス*奇跡は聖なる夜の海辺で

25772398_1.jpg


リサ・クレイパスのコンテンポラリー。
まず買う前に一番気になっていたことは
今までのクレイパスのコンテンポラリー作品で
使われていた、ヒロインの一人称でこの作品も
書かれているのか・・・ということでした。
これまで発売されたコンテンポラリー作品は
面白かったんですが、やはり苦手な一人称で
書かれていたせいで、今まで1冊も読み返すことは
なかったんですよね・・・・。

読んで安心しました~(笑)。
この作品は一人称作品ではなかったです(ホッ)
これからはコンテンポラリーは全て一人称作品で
書くのかと戦々恐々としていたもので(笑)
そこは良かったんですが、本屋で本を見た時に
「薄っっ」と思ったこの作品。
ページ数は250ページ。
これで新シリーズの1作目ということ。
いったいどんな作品になっているんだろう・・・と
思って読んだんですが、お話の起承転結で言うと
起承の部分までは面白く読んだんですが
肝心な転結の部分に物足りなさを感じました~。

ラストは特に「え?これで終わり??」って感じでした。
読んでいて3兄弟という設定からそう感じたのか
トリオロジー物の大御所ノーラ・ロバーツの作品を
なんとなぁ~く彷彿とさせる作品でした。
でも、ノーラさんの作品のような説得力と人物描写には
この作品は及ばないなぁ~というのが正直な感想です。

シリーズ2作目もこれくれいのページ数の作品に
なるのなら、また期待を裏切られそうな予感もするんですが
まぁ、また発売されたら買うことは確かだとは思います(笑)
3男のアレックスのお話がちょっと期待できそうかなぁー
と思いつつ・・・。

シャーロット・ラム*ひとりぼっちの妻

25634969_1.jpg


発売からちょっと経ってしまいましたが・・・。
今回の作品、最近また刊行され始めたシャーッロット・ラム作品の
中でも、私としては一番この作家さんらしい作品を
読ませてもらえたーーーと思わず独り感謝の言葉を
つぶやいてしまいました(笑)

この作品をきっとハーレクインにどっぷりと
ハマっていた30年くらい前に読んでいたら、絶対に
お気に入りの作品になっていただろうと思います。

やっぱりラム作品の何が魅力かと言えば、ここでも
何度も書いていますが、嫉妬に狂ってしまうヒーローの
姿・・・(笑)。
今回の作品は原題からしてそのものずばり、ヒーローの
狂気にもなりかねない、ヒロインへの独占欲がストーリー
の中心になっていました。
やっぱり昔のハーレクインの作品には、こんなに奥の深い
作品もあったんだよなぁ~と改めて思いました。

ハーレクロマンスも10数年前くらいから、原題でも大富豪の愛人とか
大富豪の秘密の妻とか
作品の個性が全くなくなった題名ばかりになったと同時に、
その作品自体も作家の名前は違っても、押し並べて同じような
ストーリーばかりになってしまったなぁ~と感じていつの間にか
2-3人の作家さんの作品以外は読まなくなっているんですが
今回、1979年のこの作品を読んで、やっぱりこの頃の作品は
最近のハーレクインとは比べものにならないくらい
読みごたえがあると感じましたね~。

ヒーロー自身が自分のヒロインへの余りに強い執着心に
彼女をいつかは、殺してしまうのではないか・・・と思って
しまう。こんな狂気を秘めたロマンスを描けるのはラムさん
をおいてはいないと思いました。
そのヒーローの闇の側面に呼応する自分がいる、とヒロインに
語らせるところに、さすがシャーロット・ラム!!と思いました。
人間の心の摩訶不思議さ、明るく楽しく陽気なだけではない
そんな愛の狂気的な側面が描かれてました。

そして、もう一つ、この作品を読んで欠かせないのがヒロインを
ずっと思い続けていた友人の男優の存在。
普通はこういうヒーローのライバル的な男性が出てきても
ヒロインの心は揺るぎなく、ヒーローの方に向いている・・・という
のがお決まりのパターンですが、この作品では違うんです
よねーー。本当にリアリティのあるヒロインの心の揺れ動きを
描いています。
このライバルとなる男性がとってもイイ味出していて、この人を
ヒーローとしてまたロマンス読んでみたい・・・とも思って
しまいましたね~。
そう言えば、シャーロット・ラムさんの作品で昔、こういう
二番目に終わった男性をヒーローとしてまたロマンスを描いて
いた作品があったなぁ~と思いだしました(笑)。

ちょっと前にヴァイオレット・ウィンズピアのイマージュ作品を
読んで、それもとても印象的で面白かったし、アン・メイザーの
初期作品もロマンスで刊行され始めて、これも昔懐かしいロマンスで
面白かったし(笑)
往年のファンとしては嬉しいですねーーー。
また、次のシャーロット・ラム作品も楽しみです!



ビクトリア・ホルト*愛の輪舞

この作品を読み返したのは、記憶にある限り
30年ぶりくらい。
まだ、ハーレクインロマンスの存在を知らない
中学生時代に、恋愛小説が読みたくて(笑)
題名に惹かれて買って読んだんですが、
話の展開に驚きながらも、かなり面白かった
のを覚えています。
それからすぐに、ハーレクインの存在を知って
その世界にどっぷりとハマってしまったので(笑)
この作品を読み返すことなく時間が過ぎてしまった
んですが、ラストの場面もおぼろながら覚えて
いたくらい、いつかはもう一度読みたいと思って
いた作品でした。
それが、ラベンダーブックスから発売された
ホルト作品を読んでから、他のホルト作品を俄然読みたくなって
そう言えば、本棚に30年間(笑)眠っていたあの本があった
と思い、今回読み返しました。

そもそもがラベンダーブックスの作品の感想をまずは
書こうと思っていたんですが、「愛の輪舞」を読み終わってからは
こちらの感想の方を先に書きたくなってしまいました!
ゴシックロマンスというカテゴリー的にはラベンダーブックスの
作品がまさに、これぞゴシック!という内容だったのに比べて
「愛の・・・」は作家のキャラクター作りの巧みさと奥深さ
人間観察の鋭さを読んでいて味わえる、作品だったと思います。

まず特筆すべきは、ヒロインの後見人となり、後には彼女の
夫ともなる、山猫と呼ばれる男性の強烈な存在感。
一般的な善悪の常識からはかけ離れた、山猫という独特な
魅力のキャラクターがこのストーリーの中心軸となって
います。
そして、そんな強烈な男性にもひるむことなく正しいと
思うことを言ってのける、ヒロインの一本筋の通った強さと潔さ。
この2人のやり取りは読んでいてとっても面白かった
です!
そんな彼女も山猫の圧倒的な魅力には抗いがたく、彼の
息子を愛している思っていたヒロインが、山猫との結婚に
同意する、その心の複雑な揺れ動きが巧みに描かれて
いたなぁ~と思います。

話の中盤以降は舞台はオーストラリアからイギリスに移り
ヒロインと山猫の息子が主要人物となっていくんですが
私としては山猫とヒロインがあのまま結婚生活を
送っていたら、果たして山猫はヒロインに忠誠を誓えた
んだろうか・・・、そしてヒロインは山猫に復讐を断念
させられたんだろうか・・・と色々と想像を膨らませて
しまいました。

イギリスに舞台を移してからは、山猫という圧倒的な
キャラクターがいなくなったせいで、どうも気抜けした
感がぬぐえなかったんですが、話の趣はぐっとゴシックロマンス的
になっていきます(笑)
ヒロインと山猫の息子が山猫の意思を継いで関わることとなる、
イギリスの館とその住人。
その住人の殺人を目論んでいた犯人は、まさしくゴシックロマンスに
ふさわしい(笑)犯人でした。
決して派手でな演出はないんですが、普通の人間の中に潜む闇の部分が
巧く描かれていました。

おぼろに覚えていたラストは、船上で新たな航海に出るヒロインが
予想外な人物と一緒に旅立つシーンだったんですが、今回読み返して
そういうことだったのかと、記憶を補完できました(笑)。
ロマンス小説にふさわしい、素敵なラストシーンになっていました~。

ビクトリア・ホルト作品って本当に面白いと、2作品を読んで
今さらながら分りました(笑)
昔、サンリオから出ていた「狩猟月のころ」も買っていたのに
読まないまま、いつの間にか手放してしまったので後悔です・・・。
また、ラベンダーブックから新たなホルト作品が読めることを
期待しています!

エリザベス・ホイト*淑やかに燃える口づけを

25645628_1.jpg


読み終わりました。
読みながらも、読み終わってからも感じたのは
まるでおとぎ話のようなロマンスだったなぁ~
と言うことでした。
この作家さんの作品に欠かせないおとぎ話の小編を
ロマンス小説として描いたら、まさに今回のような
雰囲気の作品が出来上がるのかな…なんてことを
感じました。

このメイデン通りシリーズは四人の兵士の伝説シリーズ
と比べると、ずっと読みやすくてクセの少ない感じがします。
シリーズ前作の「無垢な花に…」を読んだ時にも思ったん
ですが。
今回の作品も描きようによっては、めっちゃアクの強い
作品にもなったと思うんですが、いざページを開いて読み
始めると、これがスラスラと(笑)全くストレスなく
先を読むのを楽しみにしながら最後まで読めました。

ヒーローは盗賊王でこれまでの作品中でも悪名をとどろかせている
人物ですが、ヒーローとなった今作品では、冒頭から
ヒロインに惹かれている様子がはっきりと分って
まさしく、強面のヒーローが純粋なヒロインにメロメロなっている
ロマンスが楽しめる作品になっていました。
このメロメロぶり、作品のどこかで何かしらどんでん返しがあるのでは?
(マクノート作品のように)と疑わせる程、作品の冒頭からヒーローの
ヒロインに対する気持ちは一途なんですよね。
そして、そのヒーローの気持ちは何があってもブレることなく
お話はラストまで進んでいきます。

物語の展開もヒーローが盗賊王という設定からか
かなり波乱万丈な展開になっていて、そこも読んでいて
面白かったです。
次回の作品もまた、ヒーローになる人の設定からして
展開はドラマチックなものになることが期待されて
読むのが楽しみですね~。
このシリーズ、それまでの作者のシリーズよりもより
エンターテイメントとロマンチック度が増していて
好きなシリーズになりそうです。

ローリー・マクベイン*美しき盗賊と傲慢な公爵

25569441_1.jpg

ローリー・マクベイン・・・誰だったかな?
何か記憶に残っている名前だけど・・・。

本屋でこの本の表紙を見て最初に浮かんだのがこのことでした。
本を手に取って、あとがきを読んでやっと思い出しました(笑)
あ~あの、昔、サンリオで1冊だけ翻訳されていた作家さんだと。

マグノリアロマンスから20年以上経って日本で2作目が翻訳された
作品が、結構面白かったんでした(笑)
でも、それさえもちょっと忘れかけていたんですが・・・。
自分がその作品の感想を書いたのを読み返して、やっとその
作品に関しても少しだけ思い出してきました~。

翻訳3作目にあたる今作品、2作目の「悪魔に嫁いだ乙女」の記憶が
曖昧だったこともあって、本屋で見かけた時に、すぐに買うのが
躊躇われたんですが、買って読んで良かったです!

「悪魔に嫁いだ・・・」もそうだったようですが(自分の感想によると(笑))
この「美しき盗賊と・・・」も題名そのものの傲慢ヒーローと勝気な
ヒロインの物語でした。
前作でもそうだったようですが(またまた自分の感想によると)、
この作品を読んでいて何が一番ワクワク
させられたかと言うと、ヒーローの描写でした。
1700年代の半ばという時代設定もあって、この洒落者で傲慢な公爵の
ヒーローが私の頭の中では、ヘイヤーの「悪魔の公爵の子」のヒーロー像と
ダブってしまいました(笑)
(あくまでも公爵ではなく、その息子の方ですが・・・。公爵は別格なので(笑))

ヒロインは勝気で強情、プライドが高い・・・こういうタイプのヒロインは
昔は結構好きだったんですが、余りに意固地過ぎて最近は読むのがしんどい
なぁ~と敬遠したくなるタイプなんですが、この作品ではそんなヒロインも
さほど気にならず読めました。
多分、本文中で彼女の姉や他の人から、ヒロインがいかに強情で扱いづらいかが
語られていて、読者にもいつの間にかまぁ、そんなヒロインだから仕方ないか・・・
と思わせてしまうのかもしれないです(笑)
あと、一本筋の通ったヒロインでもあり、子供のようなところもあって
扱いにくいけれども、気骨のある憎めない魅力のあるキャラとして描かれていたと
思います。

作品全体としては、まさに昔のヒストリカルロマンス!でした。
最近のヒストリカルはヒストリカルと言うよりは、まさしく
リージェンシーロマンスという内容のものばかりで(オースチン系統の)
まぁ、そういう作品も嫌いではないんですが、こういった昔ながらの
波乱万丈なロマンスを読むと、昔の作品なのに、とっても新鮮な感じがして
先が気になって一気読みしました。

前作でも自分の感想で同じことを感じたみたいなんですが
今作品でも、ちょっとヒロインとヒーローのロマンス、
2人の心の動きをもう少し丁寧に描いてくれていたら、絶対に
この作家さんの作品は忘れられない物になるのになぁ~と思いました。
2人の心の動きがちょっと唐突すぎる気がしました。
そこが残念です。
多分、「悪魔に嫁いだ乙女」の記憶が曖昧になっているのも
このせいだと思います~。
ヒーロー、ヒロインを始めとして、2人を取り巻くキャラクター達も
それぞれが個性的に生き生きと描かれているだけに、これで
2人のロマンスがもっと丁寧に描かれていたら…と
思ってしまいます。

前作から今作の翻訳に1年以上経っているんですが、
是非、3作目の作品も翻訳してもらえるように願っています!!
今作の2人の間に生まれた娘のストーリー、読んでみたいですーー。

プロフィール

rosarina

Author:rosarina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。