ロマンス小説って面白い!


大好きなHQやロマンス小説の感想を主に書いていきます~☆

2006/051234567891011121314151617181920212223242526272829302006/07

  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リサ・クレイパス「ひそやかな初夏の夜の」






リサ・クレイパス邦訳3作品目。まず本屋で翻訳者が
これまでの2作品とは違うヒトだったので漠然とした
不安が・・・。前2作の翻訳者の訳がとっても好き
だったので、違和感があったら嫌だなぁ~と思った。
この先入観からかやはり訳し方にひっかかる処が
あってどうも内容そのものに入っていけなかった。
詳しく書くとヒーローの喋り方。
強引でわが道を行くヒーローなのにそれがこちらに感じれない。
ヒーローの個性がボツっていた。
そして、ロマンスでは最も大切なラブシーンでも読んでいて
ドキドキしないんだよな。訳に滑らかさがないというか。。
私的にはやはり次回作からは以前の翻訳者に戻して欲しい。

と、まずは内容云々をする前に翻訳談義から入ってしまいました。
でも翻訳本は訳者がスベると本当にどんな面白い作品でも
駄作になってしまうのでどうしても言いたくなるんだよなー。

で、やはり内容も3作品中一番つまらなく感じてしまった。
今作が発売される前までは期待値100だったけど次作に対しては
期待と不安が半分半分だな~。文庫でコンスタントに翻訳される
貴重なヒストリカル作家なだけに、次作は面白い作品(翻訳者を
最初のヒトにしてもらって)であるようにと切に願っていますーー。
スポンサーサイト

プロフィール

rosarina

Author:rosarina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。