ロマンス小説って面白い!


大好きなHQやロマンス小説の感想を主に書いていきます~☆

2008/051234567891011121314151617181920212223242526272829302008/07

  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハーレクインクラブとHQ作品の表紙

ブログの更新が全くできないまま、久々に今回書いてみようと思ったことも、
作品の感想ではないので、もし更新を待ってくれている方がいるとしたら、
申し訳ないなぁ~と思いつつ、今回はこのことについて・・・。

ハーレクインクラブにまだ入会しているので、ニュースは送られてきているん
ですが、パーティーがあるとの告知があり、9年まえくらいに一度だけ
行ったことはあるんですが、今回、その時に友人になった方から行きませんか?
との連絡があったので、その方にも1年以上会っていないこともあり、
ティーパーティーに参加しようかなぁ~と思っています。

で、その場で編集さんに質問できるコーナーが今もあるとすれば、
何をするか?と2人で電話で話をしていたんですが、私はここ最近
ずーーーと気になっているHQ作品の表紙の使い廻し
について是非、どういう理由でこんなに使い回し表紙が多くなったのか
聞きたいかも・・・と半ば冗談半分で話をしていたんですよねー。

が、今日6月のニュースが手元に届いて、7月発売のHSの3作中2作が
また使い廻し表紙なうえに、アン・ヘリスの作品の表紙なんて、
この前新作で表紙として使われたばかりのも・・・・。
これには、本当に唖然・・・・としました。
アメリカの原書でも時々使い廻しの表紙はありますが、
こんなに頻繁にはないし、これまでの
日本版のHSでは、翻訳された原書の表紙を無視して(笑)、日本独自に
アメリカの他の原書の表紙から違う絵柄を選んでまで、一冊一冊別の表紙で
出していたのに・・・。
一作品につき、表紙の絵柄も一作品にする・・・という当たり前(と私は思うんですが)の
ことがここ2年ぐらいから、日本のHSや他のシリーズでも、全く無視されるように
なってしまって、今ではこの前に出した表紙の絵柄を使い廻すのも
平気のようでーーーー。

この使い廻しの頻度の多さを見る度に、私のHQ作品に対する購買意欲も比例して
減退していっていますー。
自分の意識の中で、こんな適当に作られた本なら古本で買って十分だーーーと
思ってしまうんですよねー。まぁ、それでなくてもHSは一冊900円するので、
それまではHSはすべてコンプリしよう~と思っていた自分の意識が変わって、
いらないお金を使わずにすむようになった・・・という利点はあるんですが
(一応、皮肉で言っているつもりです(笑))。
大袈裟かもしれないですが、やはり作る側が適当に作るようになった商品というものは、
買う側にも無意識にそれが伝わってくるもので、いつの間にかその商品を手に取ることが
なくなっていってしまう・・・ということになると思うですよねー。

まぁ、私もこれだけまだHQに対して書こうと思ったということは、自分でもまだこのHQ社に
対して何かしら期待はしているんだなぁ~とも我ながら思ったんですが、パーティーでこの
ことをやはり聞きたくなってしまいましたねーー。
スポンサーサイト

プロフィール

rosarina

Author:rosarina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。