ロマンス小説って面白い!


大好きなHQやロマンス小説の感想を主に書いていきます~☆

2009/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312009/08

  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リサ・クレイパス*愛のカーテンコールを

03130750.jpg

まずは、この作品の感想を書く前に
言いたいことが(笑)
私がクレイパス作品でまずは翻訳して欲しいのは
「夜色の愛につつまれて」の続きなんですが・・・。
去年の12月に出てから、違う作品が次々に
翻訳されて、しかも今月の作品はまた新たなスピンオフの
1作だし・・・。
ライムブックスさんは、他の文庫と違って、ちゃんと
一つのスピンを間を置かずに翻訳してくれるという安心感が
あったんですが、どうももうそうでもないようですね・・・。
残念ですーー。

・・・とちょっと愚痴から入ってしまいました(笑)
でも、「夜色の愛につつまれて」を読んで以来、早く
次女のストーリーが読みたいって思ってたので、また違う作品が
出されるのかと思うとガッカリしてしまいました。

で、今月の新刊ですが(笑)、
最初の方はヒロインの余りに単純な行動に、うーーんなんだかなぁ~と
思って読み始めました。
クレイパスヒロインの中にはちょっと・・・と思うヒロインも時々いるので
もしかしてこの作品のヒロインもそうかも・・・と嫌な予感を抱きつつ・・・。

でも、読み進めるうちにヒロインへの心配はなくなっていきました。
読んでいるとまるで昔のハーレクインロマンスのオフィス物を思い出して
しまった!
年上の上司と若い部下のロマンスの展開みたいだなぁ~~と。
C・ラムやリン・グレアムの作品とかに出てきそうなヒーローとヒロイン
の関係でした。
ヒーローが病気になって看病するヒロインのシーンなんて、
まさにオフィス物で何処かで読んだ記憶があるような・・・(笑)

と、中盤ぐらいまでは、めちゃくちゃ際立って面白い!!
という感じはないにしろ、それなりにスラスラとストレスなく読んで
いきました。
でも、ちょっと個性に欠けるかなぁ~とは思いつつ(笑)。
中盤以降はいつものクレイパスの展開で、ヒロインのことを
とっても愛しているけれどそれを認めれないヒーローと、そんな彼を
優しく辛抱強く愛するヒロインの
姿が描かれていて、この展開が好きな私は楽しく読めました。

ラストは、ご都合主義にヒーローに爵位が譲られるのか??と
ちょっとガッカリしかかったんですが、それも結局はいらない心配で
ホッとしました。
全体的にほどほどに面白かったんですが、またすぐに読み返したい!!
と思うほどの惹きつけられる内容でもなかったかなぁ~と思いました。

この作品を翻訳するなら、これより先に本国では出ていたジュリアと
公爵の話を翻訳して欲しかったですね~~。
あの2人のストーリーの方が、ドラマチックで面白そうなんですよね~~。
まぁ、今回の作品はヒロインは献身的でクレイパス作品の要素が
無難にまとまってはいるので、万人受けする内容だとは思いますが・・・。

ま、それより何より、次回のクレイパス作品では「夜色の愛につつまれて」の
次女のお話を翻訳出版してもらわないと!!(笑)

スポンサーサイト

プロフィール

rosarina

Author:rosarina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。