ロマンス小説って面白い!


大好きなHQやロマンス小説の感想を主に書いていきます~☆

2010/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312010/09

  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーザン・エリザベス・フィリップス *きらめきの妖精

03284643.jpg
SEP作品を読むのは久しぶりでした。
前回発売された新刊も実は古本屋で数カ月前に
購入してはいるんですが、他のロマンスを
読んでいるうちに、どんどんと本棚の奥に
追いやられてしまってます…(笑)。

今回の新刊、あらすじを読んでもしかして…と思って
いたんですが、本に載っている原作の
出版年月日を見て想像が当たっていたことが
分りました(…と書く程でもないですが(笑))。
20年以上前に書いた作品を作者が数年前に
加筆・修正した作品でした。

確かMIRA文庫で出たSEP作品も彼女の初期の
作品で、ヒロインの成長物語みたいな内容だった
と思います。
今回の作品も同じく初期作品で、ヒロインが
一人の大人の自立した女性になるまでの
姿が年代を追って描かれていました。
1980年当時はダニエル・スティール作品が
日本でもヒットしていましたが、今回の
SEP作品はまさしく、ダニエル・スティール風な
作品でした。
違いと言えば、ヒロインが恋する相手は唯一
ヒーローとなる男性だけだというとことですかね。
でも、ここ、ロマンス好きには結構、重要な
ポイントではあるんですが(笑)。

ダニエル・スティールの作品も昔は好きで
サンリオから出た作品も全て読んでいたくらいなので、
今回のSEP版のヒロインの成長物語も、読み始めると
ほぼ一気読みしていまいました。

女性の成長物語としては、この作品、本当に面白かったです。
まずはなにより、このヒロインに読んでいてとても
共感出来るんですよねーー。
ヒーローに会った頃のヒロインの繊細で少女らしい
気持ちの揺れ動きとか、読んでいて楽しかった
ですね~。
自分で会社を立ち上げてからの、強さと優しさを
併せ持った姿も魅力的でした。

でも、正直に書かせてもらって
やはり私はSEPのヒーロー像はやはり苦手だと
今回の作品を読んでまた思ってしまいました…。
作品によっては許容範囲なヒーローもいるんですが
今回のヒーローはNGの方でしたねーー。
後半、ヒーローの内面が描かれれば描かれるほど
魅力を感じれなくなってしまいました…。
苦悩する姿が等身大の人間らしくて
いいんだろうなぁ~と客観的には思いつつ…(笑)。
これは、もう、ロマンス小説の中での理想の男性像の
好みの違いとしか言えないとは思いますが…(笑)。

物語の舞台が華やかな芸能界という設定も、
昔、懐かしい映画スターの名前も出てきたり、
1970-80年代はこんな時代だったんだなぁ~と
思いながら懐かしく楽しく読みました。
ヒーローはちょっと苦手系ではあったんですが、
物語全体としては、ドラマチックで、人物の描かれ方も
丁寧でとっても読みごたえのあった作品だったと思います。
スポンサーサイト

プロフィール

rosarina

Author:rosarina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。