ロマンス小説って面白い!


大好きなHQやロマンス小説の感想を主に書いていきます~☆

2012/0112345678910111213141516171819202122232425262728292012/03

  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リサ・クレイパス*火の鳥と幾千の夜を

03500242.jpg

前作を読んで今作のヒーロー像がジョハンセンの「今炎のように」
のヒーローと余りにダブっているように感じていたので、
いったいクレイパスさんはどういう具合に今回のストーリーを展開させて
いるんだろう・・・と興味津々でした。
まさか、内容もジョハンセン作品の二番煎じになってるということは
ないよね??なんてことも考えながら(笑)。

しかし、やはりクレイパスさんに関してはそんな心配は不要でした~。
ヒーローのイメージは、私としてはやはりジョハンセンのヒーローと
ダブるものを当初感じましたが、ストーリーが展開していくうちに
全く違うロマンスの世界に引き込まれていきました~。

前作でヒーローがまだ少女だったヒロインに強烈に惹かれて、彼女しか
自分の伴侶はいないと確信するシーンも、今回の2人の結び付きを読むと
そうだったのね・・・なんてしみじみと思ったり。

それにしても、今作品は読んでいて不思議な感じを抱きました~。
過去のヒーローの姿が1章丸々を使って描かれていく中で
過去と現在が絡まり合ってメビウスの輪状態になっているというか・・・。
読んでいてちょっとそこは違和感を感じなくもなかったんですが
全体を読んでいくうちに、こういうのもありかな・・・と思いました(笑)
時を超えたロマンスとして描かれていて
とってもロマンチックなストーリーになっていると思います。

でも、実は、過去を追体験して悔い改めるヒーローよりも、
今現在のもっと生々しい心の葛藤とヒロインとの関係でのロマンスを
読んでみたかった・・・とい気持ちが無くもないとうのが
正直な感想だったりします(笑)
「今炎のように」的なストーリーを二番煎じと言いつつも期待して
いた自分がいたりして・・・。
ヒーローが好みだっただけに色々な妄想が膨らんで(笑)
スポンサーサイト

プロフィール

rosarina

Author:rosarina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。