ロマンス小説って面白い!


大好きなHQやロマンス小説の感想を主に書いていきます~☆

2012/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312012/08

  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エマ・ワイルズ*ささやきは甘く野蛮に

25183190_1.jpg
半年くらい前から、ネットの古本オンラインサイトでちょくちょく

今まで読んだことのないロマンス作家さんの作品を注文しては

読んでいます。

そこでこのエマ・ワイルズって方が

人気作家だと知って(遅ッッ!)、まとめて数冊読みました。

人気の理由がなんとはなしに分った気がしました。

出てくるヒロインはほぼ金髪で、可憐な美女。対するヒーローは

公爵とか侯爵という貴族社会でもトップクラスに属するセレブで、性的魅力も

たっぷり(笑)。

まさしく、少女漫画の世界の延長線上に描かれた、セクシーな恋愛模様が

楽しめる世界って感じで、読んでいて全くストレスを感じることが

ないんですよねーー。

単純にロマンチックでちょっとセクシーなスパイスもある作品を

読みたい気分の時にぴったりの作家さんだと思いました。

で、今回の作品は新刊で買ってみたんですが、これが正直面白くない!(苦笑)

先月新刊でほぼ発売日に買ったのに、読み切るまで一カ月近くかかってしまいました~。

それも、途中からはほぼ流し読み(笑)

この方の長編モノはこの作品を含めて3冊程よみましたが、主役が2人という

ダブルヒロイン物ばかりですよね~。

その弊害がこの作品では際立っていたと言うか、それぞれのロマンスがなんだか

上っ面だけという印象で読んでいても眠くなるばかりで・・・。

どうも、この作家さんの場合、短編の方がもしかすると向いているのかも

なぁ~なんて思いました。

表紙の装丁も綺麗で気にいっていたし文庫の帯の説明文にも

ワクワクして期待して読んだだけに本当に残念でした~~。



スポンサーサイト

シャーロット・ラム*恋はほのかな幻

25198935_1.jpg
シャーロット・ラムさんの未訳作品が発売されている!!

本当に、本当に驚きましたーーーー。

ハーレクイン社が彼女の新たな翻訳作品を出して

くれることなんて、全く期待していなかったので。

本屋に急いで行って買ってきました!

まずは気になったのが原作の出版年月日。

と言うのも、シャーロット・ラム作品の大ファンである

私ですが、ハーレクインロマンスで読んでいた当時、

白い表紙のハーレクイン時代のラム作品にはほぼハズレがなかった

のに、表紙のデザインが変わった頃から、ちょっと微妙な作品が

増えてきたのをハッキリと記憶していたので、今回の待望の

翻訳作品がいつの頃のものなのかをまずはチェックしないと!!と

思いました(笑)

1984年作品でした。う~ん、微妙かも・・・と思いました(笑)

でも、あらすじを読んで期待できるかも・・・とも。

まぁ、何はともあれ、ラム作品の未訳作品を読めるんだからグダグダ

考える前に読むのが一番!!

で、読みましたーー。

正直、待望の未訳作品の1作目がこの作品で、残念です・・・。

ラム作品には時々男女のロマンスよりも、男女の関わり合い、

ひいては人間の内面について、お説教臭いくらいに(苦笑)重点を

置いて描いている作品があるんですが、今回の作品がまさに

そういった作品でした~~。

本当に読み進めば進むほど、いったいこの作品のどこがロマンスとして

面白いのか分らないーーと思ってしまいました(泣)

本当に本当に残念です。

でも、ハーレクイン社さんには、ヴァイオレット・ウィンズピア作品のように

これからもシャーロット・ラムの未訳作品を是非、是非、出版して欲しいです!!

どんな作品であろうと、必ず新刊で買います~~。

どうか、これ1作品で終わりませんように!!

プロフィール

rosarina

Author:rosarina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。