ロマンス小説って面白い!


大好きなHQやロマンス小説の感想を主に書いていきます~☆

2013/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312013/11

  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リサ・クレイパス*奇跡は聖なる夜の海辺で

25772398_1.jpg


リサ・クレイパスのコンテンポラリー。
まず買う前に一番気になっていたことは
今までのクレイパスのコンテンポラリー作品で
使われていた、ヒロインの一人称でこの作品も
書かれているのか・・・ということでした。
これまで発売されたコンテンポラリー作品は
面白かったんですが、やはり苦手な一人称で
書かれていたせいで、今まで1冊も読み返すことは
なかったんですよね・・・・。

読んで安心しました~(笑)。
この作品は一人称作品ではなかったです(ホッ)
これからはコンテンポラリーは全て一人称作品で
書くのかと戦々恐々としていたもので(笑)
そこは良かったんですが、本屋で本を見た時に
「薄っっ」と思ったこの作品。
ページ数は250ページ。
これで新シリーズの1作目ということ。
いったいどんな作品になっているんだろう・・・と
思って読んだんですが、お話の起承転結で言うと
起承の部分までは面白く読んだんですが
肝心な転結の部分に物足りなさを感じました~。

ラストは特に「え?これで終わり??」って感じでした。
読んでいて3兄弟という設定からそう感じたのか
トリオロジー物の大御所ノーラ・ロバーツの作品を
なんとなぁ~く彷彿とさせる作品でした。
でも、ノーラさんの作品のような説得力と人物描写には
この作品は及ばないなぁ~というのが正直な感想です。

シリーズ2作目もこれくれいのページ数の作品に
なるのなら、また期待を裏切られそうな予感もするんですが
まぁ、また発売されたら買うことは確かだとは思います(笑)
3男のアレックスのお話がちょっと期待できそうかなぁー
と思いつつ・・・。
スポンサーサイト

プロフィール

rosarina

Author:rosarina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。