ロマンス小説って面白い!


大好きなHQやロマンス小説の感想を主に書いていきます~☆

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハーレクインクラブ色々・・・

前回書いたパーティーに参加して来たので、その感想等を
簡単に・・・。
まずは、こういうパーティーに参加したのが9年ぶり(笑)のそれも
二回目だったので、ほとんど期待することもなく、友人に会うことを
楽しみにだけして行ったんですが、それが、HQが本当に好きな人達
の集まりだけあって、そういう方達の熱意のこもった話を聞くのが
結構楽しかったですー。
まぁでもはっきりと感じたのは、クラブに入ってパーティーに
まで参加する熱心な読者の人達と、パーティーに来ていたHQ社の人達の
温度差。
来ていた編集担当者が皆さん若い人達ばかりだったせいか、ほとんど
質問には即答できず、メモをとるのが精一杯・・・といった感じでしたね~。
せめて、こういったパーティーを開くぐらいなんだから、もっと答えれる
人を連れて来て欲しかったかも。

その中でジュディス・マクノートの作品がまた来年早々にはMIRAから出る
予定だとは言われてましたねー。これは楽しみ・・・。

他に記憶に残っているのは(笑)、S・E・フィリップスの作品も今秋か年末かにまた出るそ
うです。
80年代までの時代背景の作品だと言われていたので昔の作品みたいですね。

あと、HSの表紙についてはパーティーが終わった時に担当の方に話を聞いて
みました(笑)。
他にも同じ意見を言われた人がいたみたいで、これから考慮しないといけない
・・・とは言われていましたがリップサービス要素が強い感じでしたねー。
何故そんなことになるのかとの問いには、本国から送られて来るサンプルの
表紙が少ない、原書の表紙が日本人向けしないからその差し替えで以前と
同じものを使う場合もある、作品と表紙を同じ時代に統一しようとすると
どうしても同じものを使ってしまうこともある・・・等と答えては
頂きましたがなんだか聞いていても釈然としなかったですねー。
最近のHSでも表紙の絵と作品の時代が合っていなかったのがあると
思わず言ってしまったんですが(笑)、担当の方と司会をしていた方2人共が
そんなはずはないと思うんですがーーーとは言われていました。

まぁ、これでもうパーティーに参加することはないだろうなぁ~とは
終わった時には感じました。
やはり自分の気持ちがHQに対してもうそれ程熱意がないのが
今回パーティーに出たことでハッキリと分かったなぁ~と思ったので(笑)。
スポンサーサイト
COMMENT
こんばんは。
パーティに行ってらっしゃったんですね。今年はゲスト作家の方はいらっしゃらなかったのですか。それともお茶会とは別物なんでしょうか。
不思議ですよねー、ハーレクインてロマンス一筋のものすごくカラーのはっきりしている出版社なのに、どうして社員の皆さんからはそれほど熱意が感じられないのでしょうか。ロマンス小説なんて興味ないけれど出版社ならどこでもいいや、という人が多いのでしょうか。読者としては残念ですよね。
なんていってる私は会員にもなっていないですが・・・。
社員の個人的な志向はさておき、もう少し編集にも装丁にもついでに出版作品の選定にも気を配ってほしいところです。熱心な読者には事欠かないだろうに、応えるほうはいまひとつ鈍いみたいですが。
現実ではロマンスファンの方とお会いする機会がないから、周り中みんなロマンスファンという状況で、熱く語り合うっていうのはすごく楽しそうで良いですね~。
パーティー参加してました。本当に同感です。
表紙の件とか色々いいたかったけど、担当者とか周りのムードとかでいいにくかった。
建設的な集まりではなくもうHQ大好きのファンクラブです。
HQがマンネリもマンネリに陥っているのがよくわかります。友人に会えるのだけが楽しみ・・・
ムージョさん、こんばんは♪

>ロマンス小説なんて興味ないけれど出版社ならどこでもいいや

パーティーに来ていたHQ社の若い編集者の一人の人は、
最初からHQ社に入社希望だったんですーと言いながらも、
HQの作品はそれまで全く読んだことがなかった・・・・と話していました(笑)。
まさしく、出版社と名のつく処なら何処でも
いいから入社したかったんだなぁ~と思いましたねー。

作家さんは今回は招かれていなかったです。
来日をしてもらうような作家さんのパーティーは、今回のパーティーとは
また別に企画されることが多いみたいです。
でも、数年前にしたパーティーではデザイアで当時売出し中(?)だった、
ナリニー・シンさんがゲストでいらしたそうですー。
匿名希望の方サマ

パーティーに参加されたんですねー。
もしかして一緒のテーブルだったかもしれない
ですね。
私も今回行って思ったのは、一応体裁だけは保っている
ものの、内容的にはほとんど無い・・・というのが
このパーティーの実質だなぁ~と(笑)。
HQ社の人達はひたすらアンケート回収がこの
パーティーの目的のように、アンケートに関してだけは
熱心だなぁ~と思いました。
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://romancebooks.blog50.fc2.com/tb.php/136-c3be101f

プロフィール

rosarina

Author:rosarina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。