ロマンス小説って面白い!


大好きなHQやロマンス小説の感想を主に書いていきます~☆

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リズ・カーライル*今宵、心をきみにゆだねて

03053875.jpg

「黒髪のセイレーン」を読んでしばらくは、次作の刊行を待っていたんですが、次作が
翻訳される気配もなく、その後、他出版社等から沢山ヒストリカル作品が出版され
始め、この作家さんのことも忘れかけていたんですが(笑)。
確か1作目が出た後、そんなに間をおかずに最初は2作目の翻訳が予定されてい
たのに、いつの間にか立ち消えになっていたんですよね(今更ながら思いだしました~)。

それが、ヴィレッジさんもどういう風の吹き回しか(笑)、ここにきてのやっとの
2作目の出版!
「黒髪・・・」がとても印象的で好きだった私としては、発売と同時に買ってきました。
そして読み始めたわけなんですが、これが最近読了できずに積読本の山が築かれ
つつあったロマンス小説の本の中で、久々に一気読みさせてもらいました。

いや~面白かったです~!
「黒髪・・・」を読んだ時も(記憶が曖昧ではありますが(笑))、
思った、読者に変に媚びたところがなくて、ヒロインの潔さと強さをこの作品
でも感じました。
あと、全体を通して思わずクスリ・・・と笑わせてくれるユーモアがそこここに
あって(それも、さり気ない(笑))、読んでいて飽きなかったです。

ヒーローはヒロインに会った最初に一目惚れしていたわけですが、若さゆえの
傲慢さが邪魔をして、結局はヒロインに逃げられてしまう。ヒロインも自分の中に
ヒーローに惹かれる気持ちがあったことを、頑なに否定しながら、他の人と結婚を決める。
そしてヒロインが未亡人となった6年後に、ヒーローの放蕩ぶりを見るに見かねた
義兄(前作のヒーロー)の計略によってヒロインと再会することになるわけですが・・・。

ヒーローがその6年間も実はヒロインを忘れることが出来ずにいた様子が、
ヒーローの家族達が彼を描写する様子で分かるんですが、本当に最初から最後まで
ヒロインにメロメロのヒーローでしたねー(笑)。
最初の頃の、自分でそれを認めないツンデレ君ぶりもまた面白かったです。

ヒロインもヒーローと再会し彼を知るようになってからは、すぐにその本質を見抜いて、
彼を信頼し続ける姿も、読んでいて高感度大でした。ロマンス小説によくある、ヒロインが
ヒーローを信頼しない為に陥ることになる2人の関係の危機・・・とうのが、
やはり余り好きではない私としては・・・。
あと、ネタバレになりますが、ヒロインは結婚生活を経験していた未亡人だけれでも実は・・・
という、ロマンス小説にはよくある(笑)秘密を抱えてもいます。

読んでいて、ベッドシーンの熱い描写も含めHSで好きな作家のジュリア・ジャスティスの
作品が頭に浮かんでもきました。

あと、一人一人の人物の描き方も巧いなぁ~とも思いましたねー。訳者さんもあとがきで
書かれていますが、ヒーローの一時的な近侍になるケンドルや、水上警察の
警部ド・ローアン、そしてヒロインのメイドのエッタ等、其々の脇のキャラクター、味が
あるんですよねー。

今回の作品を読んで、「黒髪のセイレーン」もまた読み返そうと思ったのは
当然として(笑)、
やはりビレッジさんには3作目の刊行を1年以内に是非お願いしたいと思った私です。
まぁ、これも売り上げ次第なのかな?
この作品はずっと前から翻訳は決まっていたみたいだし・・・。
是非、売上がそこそこ良くて3作目が刊行されることを切に願っていますーー。
スポンサーサイト
COMMENT
はじめまして
わたしも『黒髪……』も『今宵……』も大好きで、こちらにコメントさせていただきました。
このシリーズ、ド・ローアン、ウォルラファン(継子の方)、ケンダルの妹(なぜかケンダル自身ではない)がそれぞれ主人公の本が出ているみたいですね。
ヴィレッジさんには、ぜひともがんばって全部翻訳を出してほしいです。でも、5年も間隔を開けないで (笑)。
こんばんは!まほろばさま。

はじめまして☆
そうなんですね、3作の関連作があるんですね。
やはり私はド・ローアンのロマンスが
一番読みたいかも・・・!

本当に次回は5年も間を置いて欲しくない・・・。
1年でも長過ぎるのに(笑)。
ならば他の出版社からでもいいので出して
欲しいですねー。

ヴィレッジさんは目をつける作家さんは良いん
ですが、翻訳のスパンが長すぎる・・・。
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://romancebooks.blog50.fc2.com/tb.php/144-2e9d1b59

プロフィール

rosarina

Author:rosarina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。