ロマンス小説って面白い!


大好きなHQやロマンス小説の感想を主に書いていきます~☆

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サブリナ・ジェフリーズ*お気に召さない求婚

25416903_1.jpg

すみません、このブログ初のことですがまだ未読の作品について

書こうとしています・・・。

と言うのも今日、この本を買ってきたんですがいつもの習慣で

あとがきから読んでいたら、そこで翻訳者が書かれていていることを読んで

目が点になってしまったので・・・。

それは、この本の献辞に作家さんが書いている「エイボン・レディ」

を化粧品のエイボンの販売員のことだと書いてるんですよねーーー。

これをそのままスルーして通したMIRA文庫の編集部も何だか

なぁ~~と思いましたが、数年前にHQのパーティーで編集部の人と

会った印象でも、ロマンス小説が好きだからHQ社で編集をしいるって

感じではなかったので、こういうこともありなんだろうな・・・と

思いました。

ロマンス好きな人達にはすぐにピンとくると思いますが

エイボンとはアメリカではロマンス小説の老舗の出版社のことです。

エイボン・レディとはエイボン社の編集部の女性達のことですよね。

この作品自体も2000年にエイボン社より出版されています。

翻訳者さんが読んだ原書は多分、この後に他の出版社から出た

ものを読んだのではないかと思いますが

それくらいは知っておいてくれよ・・・と思いました。

このあとがきを読んだら、作者のサブリナ・ジェフリーズは本当に

驚かれると思いますねーーー。

まるでこれでは、化粧品を買っている最中にテンパってる口うるさい

おばさんみたいなイメージに作家さんがなってしまいますよね。

その後の文ですぐに個人の編集者の名前をあげていることからも

普通、化粧品販売員のことをいきなり書くのは変だと思う感覚

ってないんでしょうかね・・・。

本当に翻訳っていうものは怖いと思いました。

こんなふうに翻訳者が勝手に解釈したものって多分(絶対)

数限りなくありそうですねーーー。

何だかこんな方の訳した本を読む気になれないんですよね~~。

せっかく買ってきたんですけれど。。。。

スポンサーサイト
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://romancebooks.blog50.fc2.com/tb.php/202-41acb78d

プロフィール

rosarina

Author:rosarina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。