ロマンス小説って面白い!


大好きなHQやロマンス小説の感想を主に書いていきます~☆

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジェイン・オースティン*高慢と偏見

ロマンス小説愛好家の間では十二分に有名なこの古典ですが、

実は私は今まで読んだことがありませんでした(笑)

ドラマ化もされたり映画にもなっているのに、その作品群も

どれも見たことなく・・・。

友人・知人からは随分以前から、この作品はロマンス小説の原点の

作品だから、読んで損はないと言われながらも食指が動かずでした。

私の中でのロマンス小説の原点と思える古典は、10代の頃から

「嵐が丘」だったので、こういうドラマチックなストーリーとは180度

異なると、あらすじ等を読んで感じていた「高慢と偏見」には

時間を割いてまで読んだり見たりする気が起きなかったんですよね。

それが今回ちょっと時間が出来たので、ふと思い立って図書館で借りて

読んでみました。

図書館で見つけれたのが、岩波文庫の富田 彬氏のバージョンだったんですが

いや~~これは本当に酷い翻訳作品ですねーーー。

これ訳されたのは昭和初期とかでしょか??

これでは作品の持つ良さが

半減されてしまっているよなぁーーと思いながらも、脳内変換しつつ

読みました(苦笑)。

読んで本当に、ことごとく今まで読み慣れているヒストリカルロマンスの

展開と同じで驚きました!!

もちろん、オースティンのこの作品は200年前に書かれているのだから、

いかに現代のロマンス小説家がこの作品に感化されて、作品を描いているのかが

本当に、本当に良く分りました!

まさにロマンス小説のステレオタイプを形作った作品ですねーー。

ヒロインを取りまく人物達それぞれも、どこかのロマンス小説でこんな人物いたなぁと

読んでいて頭の中に浮かんできました(笑)。

私の大学時代からの親友がオースティンの作品が大好きなんですが、

ロマンス小説は読む気になれないと20数年聞いてはいるけれど、

今回この「高慢と偏見」を読んで、彼女に是非ともジョージェット・ヘイヤーの

作品を贈ってあげたくなりました(笑)

「高慢と偏見」のファンであるならば、きっとヘイヤー作品も気に入るはずだと

今回この有名な古典を読んで感じました~。

「高慢と偏見」の新潮文庫バージョンが評判良いみたいなので、

次回は是非とも新潮文庫の作品を読んでみたいと思ってしまいました(笑)


スポンサーサイト
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://romancebooks.blog50.fc2.com/tb.php/205-fa489585

プロフィール

rosarina

Author:rosarina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。