ロマンス小説って面白い!


大好きなHQやロマンス小説の感想を主に書いていきます~☆

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローリー・マクベイン*美しき盗賊と傲慢な公爵

25569441_1.jpg

ローリー・マクベイン・・・誰だったかな?
何か記憶に残っている名前だけど・・・。

本屋でこの本の表紙を見て最初に浮かんだのがこのことでした。
本を手に取って、あとがきを読んでやっと思い出しました(笑)
あ~あの、昔、サンリオで1冊だけ翻訳されていた作家さんだと。

マグノリアロマンスから20年以上経って日本で2作目が翻訳された
作品が、結構面白かったんでした(笑)
でも、それさえもちょっと忘れかけていたんですが・・・。
自分がその作品の感想を書いたのを読み返して、やっとその
作品に関しても少しだけ思い出してきました~。

翻訳3作目にあたる今作品、2作目の「悪魔に嫁いだ乙女」の記憶が
曖昧だったこともあって、本屋で見かけた時に、すぐに買うのが
躊躇われたんですが、買って読んで良かったです!

「悪魔に嫁いだ・・・」もそうだったようですが(自分の感想によると(笑))
この「美しき盗賊と・・・」も題名そのものの傲慢ヒーローと勝気な
ヒロインの物語でした。
前作でもそうだったようですが(またまた自分の感想によると)、
この作品を読んでいて何が一番ワクワク
させられたかと言うと、ヒーローの描写でした。
1700年代の半ばという時代設定もあって、この洒落者で傲慢な公爵の
ヒーローが私の頭の中では、ヘイヤーの「悪魔の公爵の子」のヒーロー像と
ダブってしまいました(笑)
(あくまでも公爵ではなく、その息子の方ですが・・・。公爵は別格なので(笑))

ヒロインは勝気で強情、プライドが高い・・・こういうタイプのヒロインは
昔は結構好きだったんですが、余りに意固地過ぎて最近は読むのがしんどい
なぁ~と敬遠したくなるタイプなんですが、この作品ではそんなヒロインも
さほど気にならず読めました。
多分、本文中で彼女の姉や他の人から、ヒロインがいかに強情で扱いづらいかが
語られていて、読者にもいつの間にかまぁ、そんなヒロインだから仕方ないか・・・
と思わせてしまうのかもしれないです(笑)
あと、一本筋の通ったヒロインでもあり、子供のようなところもあって
扱いにくいけれども、気骨のある憎めない魅力のあるキャラとして描かれていたと
思います。

作品全体としては、まさに昔のヒストリカルロマンス!でした。
最近のヒストリカルはヒストリカルと言うよりは、まさしく
リージェンシーロマンスという内容のものばかりで(オースチン系統の)
まぁ、そういう作品も嫌いではないんですが、こういった昔ながらの
波乱万丈なロマンスを読むと、昔の作品なのに、とっても新鮮な感じがして
先が気になって一気読みしました。

前作でも自分の感想で同じことを感じたみたいなんですが
今作品でも、ちょっとヒロインとヒーローのロマンス、
2人の心の動きをもう少し丁寧に描いてくれていたら、絶対に
この作家さんの作品は忘れられない物になるのになぁ~と思いました。
2人の心の動きがちょっと唐突すぎる気がしました。
そこが残念です。
多分、「悪魔に嫁いだ乙女」の記憶が曖昧になっているのも
このせいだと思います~。
ヒーロー、ヒロインを始めとして、2人を取り巻くキャラクター達も
それぞれが個性的に生き生きと描かれているだけに、これで
2人のロマンスがもっと丁寧に描かれていたら…と
思ってしまいます。

前作から今作の翻訳に1年以上経っているんですが、
是非、3作目の作品も翻訳してもらえるように願っています!!
今作の2人の間に生まれた娘のストーリー、読んでみたいですーー。

スポンサーサイト
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://romancebooks.blog50.fc2.com/tb.php/206-05067c3a

プロフィール

rosarina

Author:rosarina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。