ロマンス小説って面白い!


大好きなHQやロマンス小説の感想を主に書いていきます~☆

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビクトリア・ホルト*愛の輪舞

この作品を読み返したのは、記憶にある限り
30年ぶりくらい。
まだ、ハーレクインロマンスの存在を知らない
中学生時代に、恋愛小説が読みたくて(笑)
題名に惹かれて買って読んだんですが、
話の展開に驚きながらも、かなり面白かった
のを覚えています。
それからすぐに、ハーレクインの存在を知って
その世界にどっぷりとハマってしまったので(笑)
この作品を読み返すことなく時間が過ぎてしまった
んですが、ラストの場面もおぼろながら覚えて
いたくらい、いつかはもう一度読みたいと思って
いた作品でした。
それが、ラベンダーブックスから発売された
ホルト作品を読んでから、他のホルト作品を俄然読みたくなって
そう言えば、本棚に30年間(笑)眠っていたあの本があった
と思い、今回読み返しました。

そもそもがラベンダーブックスの作品の感想をまずは
書こうと思っていたんですが、「愛の輪舞」を読み終わってからは
こちらの感想の方を先に書きたくなってしまいました!
ゴシックロマンスというカテゴリー的にはラベンダーブックスの
作品がまさに、これぞゴシック!という内容だったのに比べて
「愛の・・・」は作家のキャラクター作りの巧みさと奥深さ
人間観察の鋭さを読んでいて味わえる、作品だったと思います。

まず特筆すべきは、ヒロインの後見人となり、後には彼女の
夫ともなる、山猫と呼ばれる男性の強烈な存在感。
一般的な善悪の常識からはかけ離れた、山猫という独特な
魅力のキャラクターがこのストーリーの中心軸となって
います。
そして、そんな強烈な男性にもひるむことなく正しいと
思うことを言ってのける、ヒロインの一本筋の通った強さと潔さ。
この2人のやり取りは読んでいてとっても面白かった
です!
そんな彼女も山猫の圧倒的な魅力には抗いがたく、彼の
息子を愛している思っていたヒロインが、山猫との結婚に
同意する、その心の複雑な揺れ動きが巧みに描かれて
いたなぁ~と思います。

話の中盤以降は舞台はオーストラリアからイギリスに移り
ヒロインと山猫の息子が主要人物となっていくんですが
私としては山猫とヒロインがあのまま結婚生活を
送っていたら、果たして山猫はヒロインに忠誠を誓えた
んだろうか・・・、そしてヒロインは山猫に復讐を断念
させられたんだろうか・・・と色々と想像を膨らませて
しまいました。

イギリスに舞台を移してからは、山猫という圧倒的な
キャラクターがいなくなったせいで、どうも気抜けした
感がぬぐえなかったんですが、話の趣はぐっとゴシックロマンス的
になっていきます(笑)
ヒロインと山猫の息子が山猫の意思を継いで関わることとなる、
イギリスの館とその住人。
その住人の殺人を目論んでいた犯人は、まさしくゴシックロマンスに
ふさわしい(笑)犯人でした。
決して派手でな演出はないんですが、普通の人間の中に潜む闇の部分が
巧く描かれていました。

おぼろに覚えていたラストは、船上で新たな航海に出るヒロインが
予想外な人物と一緒に旅立つシーンだったんですが、今回読み返して
そういうことだったのかと、記憶を補完できました(笑)。
ロマンス小説にふさわしい、素敵なラストシーンになっていました~。

ビクトリア・ホルト作品って本当に面白いと、2作品を読んで
今さらながら分りました(笑)
昔、サンリオから出ていた「狩猟月のころ」も買っていたのに
読まないまま、いつの間にか手放してしまったので後悔です・・・。
また、ラベンダーブックから新たなホルト作品が読めることを
期待しています!
スポンサーサイト
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://romancebooks.blog50.fc2.com/tb.php/209-d3e45c64

プロフィール

rosarina

Author:rosarina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。